読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝活読書サロンCollective Intelligence

月二回渋谷で開催している朝活読書サロンCollective Intelligenceに集う本をこよなく愛するメンバーのブログ

【早く読みたくて仕方がない】『白洲次郎に学ぶビジネスの教科書』

こんにちは。readingsalonのブログ、共同執筆者の北澤です。今年から毎月第一土曜日に、読んで印象に残った本を紹介しています。今日は6月7日、6月の第一日曜日です。先月に続いて一日遅れの投稿となってしまいました。夏風邪気味のせいです。お許しを。


本日紹介するのは今週の朝活読書サロンCollective Intelligenceで紹介しようと思っている一冊です。思っている? はい、まだ読んでいません。読んでいないどころか10日頃発売の予定と聞いています。朝活読書サロンは11日。間に合うでしょうか?(笑)


青木高夫著『白洲次郎に学ぶビジネスの教科書』



著者待望の新作です。白洲次郎好きの著者がどのような次郎さんの姿を見せてくれるのか楽しみでなりません。早く読みたい。表紙がまた格好いいですね。この姿ですとジーンズですかね。次郎さんは日本で一番最初にジーンズをはいた人です。知ってました?


白洲次郎をどういうテーマで描いてくるのか興味がありました。まさか「ビジネスの教科書」とくるとは思っていませんでした。憲法ものかなとも思っていたのですが、今回は幅広い読者層を狙ったのでしょうか? 著者初の講談社からの出版とも聞いています。



10日に書店で買って、10日中に読んで、11日の朝活読書サロンCollective Intelligenceで紹介することを目標にしています。以前、出口治明氏の朝活講演会を聴きに行った時もそうでした。夜にようやく『「思考軸」をつくれ』を手に入れて翌朝に臨みました。


まずは手に入れることから。たとえ手に入れるのが夜になろうとも、高速で読んで翌朝に臨みたいと思います。楽しみがあるのは良いことですね。